基礎代謝 上げる サプリ

基礎代謝を上げるサプリはこれ!

こんな風に感じることはありませんか?

 

・痩せにくくなった気がする
・お腹や太ももを触ると冷たい
・靴下の跡がひどくなった
・肌荒れがなかなか治らない

 

このような症状は、基礎代謝が下がってきたときに感じる症状です。基礎代謝は、L-カルチニンやカプサイシン、黒酢や金時生姜の摂取が有効です。

 

このサイトでは、L-カルチニンや黒酢・金時生姜といった基礎代謝を上げる成分を効果的にとれるサプリメントを、ランキング形式にて紹介しています。

 

デュアスラリアの特徴

デュアスラリアは、L-カルチニンとカプサイシンで代謝をUPしてくれるサプリメントです。日常の活動で脂肪が燃える体・基礎代謝のよい体のためのBURNには、燃焼成分L-カルチニンとカプサイシン・ヒハツエキスを配合。代謝に働きかけるビタミンB群もプラスして、効率のよい健康的な毎日をサポート。また、美しさを保つコラーゲン配合のBLOCKは脂肪の吸収も抑制。年齢とともに代謝と体型が気になる方に、おすすめのサプリメントです。

価格 980円
評価 評価5
備考 L-カルチニン配合

 

三黒の美酢の特徴

三黒の美酢は黒酢にんにくのちからで体のなかから代謝UPをサポートするサプリメントです。栄養素たっぷりの黒酢もろみ、ポリフェノール含有量の多い完熟発酵の黒にんにく、有精卵黄油を使っています。九州産の3種の黒にこだわって配合し、体のなかから代謝UP。1日2粒のソフトカプセルにギュッと詰めました。冷えや体調が気になるという方に、おすすめのサプリメントです。

価格 980円
評価 評価4
備考 DHA・EPA配合

 

金時しょうが粒の特徴

金時しょうが粒は、金時しょうがのパワーで基礎代謝UPを助けてくれるサプリメントです。あたためる成分が普通の生姜の4倍という金時しょうがを使用しています。1日目安の2粒に300rもの金時しょうがを配合。温め成分であるヒハツ、巡りをサポートしてくれるへスぺリジンもプラスして基礎代謝UPを助けます。生姜は苦手という方にも、おすすめのサプリメントです。

価格 1,728円
評価 評価3
備考 ヒアルロン酸配合

 

どうやって基礎代謝を計算するの?

 

基礎代謝量というのは、人間が最低限の生命維持をするために必要になっているエネルギーのことを指しています。これからダイエットを指定校と考えているのであれば、自分がどれくらいの基礎代謝量になっているのかを把握しておくようにしましょう。

 

基礎代謝を下回ってしまっているダイエットをしてしまうと、エネルギーが足りなくなってしまいます。このエネルギーが少なくなってしまっていると、体があまりエネルギーを消費しなくなってしまい、基礎代謝も下がってしまいます。これによって、脂肪が燃焼されにくくなってしまうのです。

 

最近、体脂肪計の中には体脂肪率を計ることができるだけではなく、基礎代謝量を測定することが出来るようになっているものも登場していますから、効率よくダイエットをしたいのであれば、基礎代謝量を測定できる体脂肪計も持っておくと便利でしょう。さらに性・年齢階層別基礎代謝基準値と基礎代謝量というデータを厚生労働省が発表しています。このデータを参考にしながら、基礎代謝を計ることも可能になっています。

 

1.男性の場合
18歳〜29歳 基礎代謝基準値は24キロカロリー、基礎体重は63.5kg、
基礎体重における基礎代謝量は1520キロカロリーになっています。
30歳〜49歳 基礎代謝基準値は22.3キロカロリー、
基礎体重は68kg、基礎体重における基礎代謝量は1520キロカロリー
50歳〜69歳 基礎代謝基準値は21.5キロカロリー、
基礎体重は54kg、基礎体重と基礎代謝量を計算すると1380キロカロリーとなります
70歳以上の場合 基礎代謝基準値は21.5キロカロリー、
基礎体重は57.2kg、基礎体重における基礎代謝量は1230キロカロリーです

 

2.女性の場合
18歳〜29歳 基礎代謝基準値は23.6キロカロリー、
基礎体重は50kg、基礎体重に対して基礎代謝量は1180キロカロリーになっています
30歳〜49歳 基礎代謝基準値は21.7キロカロリー、
基礎体重は52.7kg、基礎体重に対して基礎代謝量は1140キロカロリーです
50歳〜69歳 基礎代謝基準値は20.7キロカロリー、
基礎体重は53.2kg、基礎体重に対して基礎代謝量は1100キロカロリーとなります
70歳以上の場合 基礎代謝基準値は20.7キロカロリー、
基礎体重は49.7kg、基礎体重に対して基礎代謝量は1030キロカロリーです。

 

栄養状態によって基礎代謝量が変動する

 

人間というのは、栄養状態でも基礎代謝量というのは差があります。その人の体や性別以外にも、栄養状態が良い人と悪い人では、基礎代謝量も違っているのです。栄養状態が良くない場合、たんぱく質を体内で合成しにくくなってしまいますので、エネルギーを消費しにくくしてしまうことになります。

 

では、栄養状態が良くない人としてどのような人がいるのでしょうか?例えば、無謀なダイエットをして断食をしていたり、食事量を相当少なくしている人、偏食をしている人というのは栄養状態がよくありません。また、栄養失調になっている人や、栄養不足が長期間続いてしまっていた人も栄養状態がよくありません。

 

栄養状態が悪くなってしまっていると、通常よりも基礎代謝量が最大3割ほど下がってしまうとされています。つまり体に負担がかかるようなダイエットをしてしまっていると、ダイエットをしにくくしてしまうことになるということです。

 

反対に栄養状態が良い人というのは、それだけ基礎代謝量も高くなりやすくなります。体調が悪くなって体温が上がるというとき、それだけエネルギーを消費して体温を上昇させているわけですので、発熱をしているときも基礎代謝量が高くなります。体温が平熱よりも1度上昇した場合、13%前後も基礎代謝が高くなるとされています。

 

甲状腺ホルモンといわれるホルモンが基礎代謝のコントロールをしているのですが、この甲状腺が過剰に分泌されるとパセドウ秒を発症してしまいます。このような病気を発症した場合、基礎代謝が2倍に上がってしまうこともあるのです。この他にも、女性の場合だと生理によっても基礎代謝は違っていますし、妊娠をすると通常よりも基礎代謝が高くなるとされています。

 

また、生理前の数日前に女性は基礎代謝量がピークになり、生理中が最も基礎代謝が下がるとされてます。ですので、効率よくダイエットをしたいのであれば、生理になる数日前にダイエットをスタートするのが望ましいといえるでしょう。

 

カラダの中から美肌対策!

 

女性の皆さん、毎年の夏の紫外線対策ってどうされてますか?紫外線はシミやそばかすなどのお肌へのダメージの原因になり、夏は日差しが強くなるのと同時に紫外線も強くなります。お肌のケアは一年通して行いたいものですが、夏は特に気をつけたいですよね。

 

目の周りや頬など、目立つ場所にできやすいですし、シミなどがあると老けて見えますから・・・。いつまでも若若く見られるためにはシミやくすみのないキレイなお肌でいたいですよね!

 

そのためには紫外線対策です。紫外線対策はUVカット効果を利用するのも手ですが、実は新陳代謝を利用して、カラダの中からも改善できちゃいます。

 

新陳代謝とは体の中の古くなった細胞を除去して、新しい細胞に入れ替える体の仕組みのことです。新陳代謝が良ければ、細胞の生まれ変わりが早くなります。つまり、肌のダメージを修復しやすくさせるかどうかは、新陳代謝に掛かっているのです。

 

今回はそんなカラダの中から行える、新陳代謝を利用した美肌作戦をご紹介していきます!

 

お肌が紫外線にさらされると、肌ストレスを受けて細胞で活性酸素が作られてしまいます。活性酸素とは、体を酸化させ老化の原因になる物質です。活性酸素はメラニン細胞を刺激してメラニン色素を作らせてしまう作用があるのです。このメラニン色素が、ずばりシミのもとです。

 

新陳代謝が良ければこのシミを作りにくくすることができます!代謝量のアップによって細胞の入れ替わりが早まるので、メラニン色素の沈着を早い段階で抑えられますし、たとえできてしまったシミでも治りやすくなります。

 

では、新陳代謝はどうやったら上げることができるのでしょうか?今回はカラダの中から美肌づくり、ということで、食事のしかたで新陳代謝をアップできる方法をご紹介です。代謝をアップさせるのに良いのは穀物、豆類、唐辛子などのスパイス、体を温めるショウガなどが良いです。

 

これらは和食のメニューに使われることが多い食品なので、和食の料理を意識するとよいでしょう。穀物は食物繊維が豊富で、便秘解消の効果がありますし、ほかの食品も体に溜まりにくく老廃物を溜めにくい体を作り出してくれるものばかりですよ!

 

また、抗酸化物質を含んでいる緑茶、エネルギー燃焼を手助けする白湯などもおすすめです。食事方法に気をつけて代謝をアップさせれば、シミのできにくい体を作り出せます。カラダのなかから美肌作戦、是非ともお試し下さい!

 

参考:http://xn--vckvb3bzb4b1c0213e34at88dmniw1a.net/

 

基礎代謝を高めるためには?

 

肝臓などのような内臓の働きを活発にさせるためには、基礎代謝を高めるための食事を心がけるようにする必要があります。そのためにも、バランスの良い食事を普段から食べるようにしましょう。

 

・お菓子やジュースはあまり口にしない
・お酒は控える
・鮮度の良い海藻類や野菜などを食べる
・一日に1回はコップ一杯の牛乳と果物1個口にする
・たんぱく質を毎食食べる
・1日三食食べる

 

そして肝臓に良い働きをもたらしてくれるサプリメントも積極的に摂取するようにしましょう。バランスの取れた食事を普段から口にすることももちろん大切なのですが、それでも必要な栄養素を十分に摂取するというのは非常に難しいものです。

 

それに、会社の付き合いなどでお酒を飲む必要があるということもあるかと思います。このようなときには、必要な栄養素や成分をサプリメントで補うようにするといいでしょう。では、どのような成分などが配合されているサプリメントがいいのでしょうか?

 

亜鉛
生きるために必要な成分になっており、体に必要不可欠になっています。お酒を飲んだ場合、肝臓でアルコールを分解するのですが、この時に大量の亜鉛を消費してしまうことになります。

 

マルチビタミン
マルチビタミンというのは、エネルギーを蓄えたり、消化や吸収の促進や解毒、代謝を活発に行うなどといった肝臓に必要な成分になっています。

 

オルニチン
アミノ酸の仲間になっており、肝臓の解毒作用のサポートなどをしてくれます。

 

タウリン
タウリンはアミノ酸に近い性質を持った物質になっており、肝臓以外にも脳や心臓などといった臓器にも存在しています。そのため、タウリンは生存をするうえで必要不可欠な成分だと考えられています。

 

クルクミン
ウコンの紫色素成分になっているのが、クルクミンという成分になっており、ポリフェノールの仲間に分類されています。解毒作用の促進をしたり、胆汁を活発に分泌させる働きがあります。

 

このような成分が配合されているサプリメントを摂取しましょう。参考:基礎代謝を上げるには?おすすめはサプリに決まり!

 

そして、最近は低炭水化物ダイエットをしているという人もいます。この低炭水化物ダイエット問いのは、パンやお米などのような炭水化物をほとんど摂取しないダイエット方法になっているのですが、この低炭水化物ダイエットを実践してしまっていると、低栄養性脂肪肝になってしまいます。

 

これによって、肝臓の働きが弱くなってしまい、基礎代謝が下がってしまいやすくなってしまうのです。ですので、ダイエットをする場合でもある程度糖質を摂取するようにしなくてはなりません。

 

 

 

更新履歴